下北沢ひとりぼっち

下北沢近辺に住み始めて5年。下北沢周辺情報や1人暮らしのライフスタイル、お金のあれこれを書いていく雑記ブログです。

スマホ/タブレットをノートパソコンみたいに動かせるワイヤレスキーボード Logicool K480

スマホ/タブレットをノートパソコンみたいに動かせるワイヤレスキーボード Logicool K480


ガジェット大好き、すばるいぬです


早速ですが、
ノートパソコンの右矢印キーがいかれた!
何も押してないのに右矢印が押しっぱなしに!

おそらく原因は、
最近ノスタルジックな気分になり
「elona」だの「らんだむダンジョン」だの
懐かしのフリーゲームをやってる際に、
矢印キーを酷使したことに。


普通にキーボード使えないとこまりゅ…。
ブログの記事書くことすらままならない…。
でも前にキーボード不具合で修理した時
3週間ぐらいかかったからそれも嫌だし…。


(╹◡╹)!!!!!

買えばええんや!
キーボード買えばええんや!!!


スポンサーリンク



ワイヤレスキーボードを探してみました

自分の今持ってるtransbook miniは
キーボードと本体を分けて
タブレットでも使える2in1型なので、
無線なら本体をスタンドさせれば
使い勝手は変わらないだろうなと思い
ワイヤレスキーボードを探すことに。

それで探してみると色々出てくるので、

とりあえず「無線 キーボード」で
検索上位に出たこのページを
参考にみてみた。
https://sakidori.co/article/85010

「17選って多いな」と思いながら
ページをスライドさせてると、
iOS対応」の文字が
目に飛び込んできた。


あぁ〜そうか、iPadiPhoneにも
接続できるキーボードあるんだ
と初めは軽く流してたけど


あれ…iPhone経由で物理キーボード入力出来るならノートパソコンより軽いしどこでも記事がが書けるのでは…

という世紀の発見をする。


その他にも、
「3000円以下」(値段)
スマホとPCの接続切り替えが簡単」(利便性)
「持ち運びしやすい」(携帯性)
の観点から絞り、
価格.comのランキングを参考にした結果、
Logicool K480」に決めました。
税抜1980円安い!




ということでビックカメラで購入。
ネットショップが待ちきれなかったので
渋谷まで行きましたよ、ええ。
思い立ったが吉日なのです。

f:id:subaruinu:20180421113559j:plain

株主優待で1000円引きなので
お値段は1000円ちょっと。
こういう時の事あるから
家電量販店の株は持っておくと
便利なんですよね〜(╹◡╹)



メリット|キーボードを持ち運ぶだけでブログがスイスイかける。

これが一番画期的でした。

今まで外でブログ書くときは
ノートパソコンを持って行って
スマホテザリングしてネット接続して
そこから更新という
(ポケットwifiを契約していないため)
とっても面倒なことをしていました。

しかしこれなら
スマホから直接ブラウザ経由で
パソコンと同じ感覚で記事を書けます。

実際この記事もiPhoneから
書いていますが、サクサク書けます。
CPUは廉価ノートパソコンより
iPhoneの方が明らかに良いので
レスポンスはむしろ早く感じます。

それにこのキーボードは、
重量は800g&A4ファイルサイズなので
通勤カバンにスッと入れる事が出来、
昼休み中のちょっとした時間に
作業できるのが良い。


メリット|つまみをひねればパソコンにも3秒で接続できる。


f:id:subaruinu:20180421112346j:plain

そもそもの目的は
ノートパソコンで使えるか。
キーボードの左上につまみがついていて
1,2,3の数字が割り振られています。
これを数字ごとにデバイスを登録すれば
以降はつまみをひねるだけで
無線の接続切り替えが出来るように。


セットアップ済んでいる前提で
具体的にどうするかというと、

①この状態でスマホをキーボード入力可

f:id:subaruinu:20180421113631j:plain



②これでタブレットがキーボード入力可

f:id:subaruinu:20180421113654j:plain



ね、簡単でしょう?


マジ凄い。テクノロジー凄い。


メリット|直感的な操作でセットアップ可能。


赤色の丸部分が操作方法なのですが、
図解入りだったのでデジタル説明書を
一々開くまでもなくセットアップ
することができました。

乾電池も最初からセットされているので
今すぐ使いたいと思って
すぐに使えたのは良かったです。

デメリット|キーレイアウトが独特。

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/manuals/k480-immersion-guide#section6

上記のページにもあるのですが、
OS毎に最適なキーレイアウトを
割り当てているらしく
デフォルトでは少し
戸惑うことがあります。
例えばかっこ記号である
“「」”
を入力しようとすると
“」\”
というキーが押されてしまいます。

多分、レイアウトを変更することも
出来るとは思うのですが
やっぱデフォルトが違うのは
少々面倒ですね。

デメリット|キーストロークが2mmで少し深い。


キーストロークとは、
キーボードを打った時キーが
どれだけ深くまで沈むかの度合いで
ノートパソコンでは1.5ー2.0mmが
平均のようです。
これが深いとミスタッチが減る代わりに
キー入力毎に負荷がかかるのです。
前まで使っていたのが
確か1.5mmだったので
変わるとちょっと重く感じます。



おわりに

f:id:subaruinu:20180421113746j:plain

タブレットも上記画像のように
パソコンとして問題なく使えています。
といっても2000円の安物なので
どれだけ持つかはわからないですが、
しばらくは愛着を持って
酷使しないようにしたいと思います。


読んでくれてありがとうございました!




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



スポンサーリンク