すばるいぬの下北沢ひとりぼっち

下北沢近辺に住み始めて5年。下北沢周辺情報や1人暮らしのライフスタイル、転職・お金のあれこれを書いていく雑記ブログです。

【公務員からの転職日記 No.5】転職活動のはじまり③|年明けに辞める意欲が急上昇

前回記事:【公務員からの転職日記 No.4】転職活動のはじまり②|楽しいじゃダメ?



前回のあらすじ

自分の気持ちに素直になった結果、
転職は避けて通れない事を自覚し
情報収集から始めてみることに




1月頭に仮想通貨大暴騰で気持ち大きく


1月は転職したいという自分の気持ちが
強く後押しされた月でした。


理由は仮想通貨。


実は2017年9月から
原資100万円で仮想通貨界隈に参入し、
XRPを中心に保有していたのですが、
瞬間的にXRPが大暴騰し
総資産が1500万円近くになりました。


f:id:subaruinu:20180606212006j:plain
この時の総資産は幻と消えました(´;ω;`)


ちなみにその後殆どホールドし続けて
現在4分の1ほどまで減りました(笑)


しかし含み益とはいえ
労働以外の所得である程度の資産が増え
70万円程は原資の利確に成功したことで
大分気持ちが大きくなり


もう、勢いで仕事やめてもいっかぁ...


ぐらいの気持ちになりました。



ちなみにこの時は仮想通貨が
またすぐに復活するとか
クソぬるい妄想をしていたので、


・とりあえず契約社員やバイトで家庭教師
・余った時間で在宅ワーク
・後は分散投資で利益


という計画を立てようとしてました。
ヤバイ。本当にこの時やめなくて良かった。


ちなみにこの時の日記が
これになります↓

www.shimokita-alone.com


この時リサーチで分かったのは、
大手クラウドソーシングサービス
クラウドワークス」でも
月収20万円以上超は
0.014%しかないという超狭き壁。


在宅ワークが難しいとか
そういった事はどちらかというとオマケで
この時得た考えは、
「やっぱ大金を得るには投資以外ないなあ」
「労働からの貯蓄に限界あるなら
仕事変わっても案外生活変わんないなあ」

という現在の仕事への固執
かなり薄まったことです。


それまでは
仕事変わる=年収激減
→貧困生活!
みたいな想像ばかりしていたので
この考えの切り替わりは非常に重要でした。


こんな風に仕事辞める土台が
着々と進んでいる中で事件発生。


元気だった先輩がメンタルで入院


年明け早々、何の前触れもなく
40代の先輩職員が来なくなり
4か月の休職を申請したとのことでした。


マジでぇ~~~~!!


その方は本局で精神をやられた経験も有り、
前の職場でも体調を時々崩すことはあった模様。
今の職場は比較的安定してるし、
ここ2-3年は発症しなかったものの
ここにきて再発。


ちなみに自分リサーチ(非公開情報)ですが、
本局の税務・カスタマーサービス系の部署は
離職率が地方公務員の中では異常なほど高く、
自殺者も割といたりします。

知り合いの先輩という範囲の狭さで
去年2-3人転職してるので、
それだけ本局のヤバイ部署は
過酷ということのなのでしょう。


それはともかく
9→8人に減ってしまったウチの部署。


さぁ仕方ないので頑張るぞい!



翌々週、2人目メンタルで入院。


あぁぁぁぁあ!!!
呪われてのか!!!!


流石にこの辺りからヤバいので、
本局に人員追加を要請。


本局「元々過員(定数より多い配置)だからすぐ増やせない★」


この辺りで心の中でキレたので、
即座に次の日の有給を申請し、
初めて転職エージェントに登録する。


有名ブログを参考に転職活動開始

しかし私は転職したいなーとか思っても
実際にそういう情報を収集した事がない。

と思っていたら仮想通貨の記事でファンになり
フォローしていたさかがみ氏
さかがみ (@sakagami3) | Twitter
がこんな記事を書いているのを知る。


sakagami3.com


業界最大手からベンチャーに転職するまでの
仕事だったり日常を書いてるシリーズですが、
当時はこれにドはまりして読みました。

官民の違いは無いけれど
規模的にはやろうとしている事に
非常に共感できるし
転職の動機も近く
この人みたいに転職出来ればなあと。


その働き方の記事でこんなものが。

sakagami3.com


なるほどなるほど。


よっしゃここにある奴では
とりあえずアプリ全部落として
サイトも片っ端から登録。
どうせ無料だし。


本当にこんな適当な感じで
私の転職活動が始まりました...。


次回辺り、転職で参考になった
ブログとか書籍の紹介でも
出来ればと思います。

読んでくださってありがとうございます!